マーケティングとは?その定義と意味、重要性を理解しよう!【3分読解】

 

こんにちは。 SunnyBizコンサル です。

今回は マーケティング についてのお話です。

 

企業が売上を上げるためには マーケティングが重要 と言われますが、そもそもマーケティングとは何をいうのでしょうか?

 

よく聞く用語ではあるものの、それを言葉で説明しようとすると曖昧で、漠然としています

大事だとは分かっているけれど 意味が掴めない… 何が大事なのかが分からない…

そんな疑問もあるでしょう。

そんな疑問を解決していきましょう。

マーケティングとは?その定義と意味、重要性を理解しよう!

マーケティングと聞いて皆さんは何をイメージしますか?

 

経済的イメージ
・市場調査

・広告

・販売戦略

感情的なイメージ
・定義が分からない

・何をして良いか分からない

・難しい

このようなイメージが挙げられるのではないでしょうか。

 

マーケティングという用語が、ボヤっと漠然としているのには理由があります。

 

それは 明確な定義がハッキリと決まっていないから です。

 

マーケティングが大事と言われているにも関わらず、実はその定義は抽象的で、1+1=2 のような絶対的な答えは存在していません。

 

そこで今回は、

  • マーケティングがどういうもので、
  • 具体的にはどういったことを表し、
  • なぜ重要とされているのか

 

そこに触れていきます。

Sunny
3分でマーケティングの概念をしっかり押さえて理解していきましょう♪

マーケティングの概念

マーケティングの定義・意味

先ほど、マーケティングの定義はハッキリと決まっていないと述べましたが、Wikipediaには以下のように説明されています。

マーケティング(英: marketing)とは、企業などの組織が行うあらゆる活動のうち、「顧客が真に求める商品やサービスを作り、その情報を届け、顧客がその価値を効果的に得られるようにする」ための概念である。また顧客のニーズを解明し、顧客価値を生み出すための経営哲学、戦略、仕組み、プロセスを指す。出典:Wikipedia:https://ja.wikipedia.org/wiki/マーケティング

この説明を読んで、一度で 「なるほど!」 と思えた方はすごいです!!

もう少し分かりやすくなるよう具体的に触れます。

 

具体的にはどういうこと?

Wikipediaの説明文をかみ砕くと、要点は3つに分けることができます。

企業は売れるための仕組み作りをしましょう

そのためには顧客を知りましょう

そして求められていることを分析して、満足度の高いものを世に出しましょう

 

少しイメージできるでしょうか。

要するに、

「顧客に満足してもらえる商品を出すために、企業は組織づくりと顧客研究をしましょう」

ということです。

 

そもそも、企業(個人事業含む)は何のために事業を営んでいるのか?

それは、 売上を上げて利益を得るため です。

 

企業は、永続的に活動を続けることを前提 に事業を営んでいます。

 

好きなことを好きなだけやって利益が出るのであれば申し分ないのですが、

企業が永続的に活動を続けるためには自社の商品やサービスを世に知ってもらい世間に必要とされ、価値が認められる必要があります。

 

その必要とされる領域を探求する事こそが、いわゆる マーケティング なのです。



アフィリエイトを始めるならここをクリック↑↑↑
公式URL//A8.net

なぜ重要なの?

先にも述べた通り企業は永続的に続くことを前提としているため、利益を上げる企業努力が必要です。

企業が利益を出すためには売上を伸ばす必要があり、企業の売りたいと顧客の買いたいを一致させなければなりません。

顧客に必要とされ、顧客の欲しいという思いに応えることが出来たとき、企業は大きく成長することが出来ます。

 

ただし、やみくもに努力をしてエネルギーを注いでは、望むような結果が得られず損失となる場合もあります。

顧客のニーズがどこにあるのか照準を当て何をするべきかを注意して見極める必要があります。

 

マーケティングには様々な手法、戦略、仕組みがあります。

永続企業として利益を生み出していくためにはどのように活動していくのか、そこの意思決定をするためにもマーケティングは大変重要です。

まとめ

マーケティングには、明確な定義がありません。いろいろな考え方があります。

ただ、概念として共通するところは「効率的に利益を出すための探求活動である」ということです。

 

企業が提供したいものと、市場が求める欲求とを一致させるため、マーケティングはとても重要です。

企業が大きく成長を遂げるためにも、効率的に利益を出すための探究活動=マーケティングを行っていきましょう!!

参考書籍